RSS   |   Archives   |   Log in
カウンター
Mobile and Web Analytics
Web Analytics
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

iphoneアプリの作り方

 
以前、プログラミング未経験からiPhoneアプリリリースまでというタイトルで、主にobjective-cやSDKの勉強方法について記事を書きました。

今回の記事は、「どうやって勉強すればいいの?」の前の段階である「iphoneアプリを作るには、何が必要で、何をする必要があるの?」について書きます。


必要な物
・Mac
iPhoneアプリは、windowsのPCでは開発できません。Macが必要です。正直どのMacでも問題ないと思いますが、MacBook Airを買う場合は、容量が64GBより大きいのを選んだ方がいいと思います。iphoneアプリ開発には、Xcode(後述)というソフトウェアが必要になるのですが、それが10GBくらい容量を占めるからです。64GBだとかなり容量的に厳しいと思います。







ちなみに私は、MacBook Proの13インチを使っています。
iphoneアプリ開発のためだけにmacを買う場合はちょっとためらわれるかもしれませんね、、
私はちょうど使っていたvaioが壊れて、買い替えの時期だったので、買いました。iphoneアプリに興味がある人は、iphoneを持っている人だと思うのですが、もしiphoneでの素晴らしいUIや操作感が好きだったら、Macも気に入ると思います。macもUIや操作感がwindowsに比べて圧倒的に優れています。iphoneの様に、使っていて非常に気持ちいいです。一度apple storeを訪れて試してみて下さい。
兎にも角にも、iphone/ipadアプリを作るにはmacが必要になります。


・Xcode
XCodeというのはiphoneの統合開発環境の事で、このソフトウェアを使って開発します。
http://developer.apple.com/devcenter/ios/index.action
上記のリンク、あるいは、macのapp storeから入手する事ができます。無料です。

・デベロッパーズプログラムへの登録
開発したアプリを実機で動かしたり、app storeで公開するためには、登録が必要になります。1年間8400円かかります(涙)


以上が必要になるものです。結構お金がかかりますね、、でも、かかった費用は、アプリを公開して、元を取ればいいと思います。書籍代とデベロッパーズプログラム代くらいは、簡単に稼ぐ事ができます。


次に実際の開発に関してです。iOSアプリの開発は、objective-cというプログラミング言語で書きます。objective-cの勉強だけでなく、SDK(Software Development Kit)と言うライブラリの使い方を知る必要があります。objective-cやSDKの具体的な勉強方法は
プログラミング未経験からiPhoneアプリリリースまで
にまとめたので、参考にして下さい。



<まとめ>
手順としては、
①必要なものを用意する
②objective-cとSDKを勉強する
③開発する
④公開する

です。XCodeはとても素晴らしい統合開発環境ですし、iPhoneアプリは作っていてとても楽しいです。「iphoneアプリ作りたいけど、何が必要なの?」「何をしたらいいの?」という方にこの記事がお役に立てば幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment


          
お気に入りの本
ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。