RSS   |   Archives   |   Log in
カウンター
Mobile and Web Analytics
Web Analytics
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

iphoneアプリ開発: ユーザーインターフェイス編

 
iphone本体のユーザーインターフェイス(以下UI)はとても優れているので、せっかくならその上で動くiphoneアプリのUIも触っていて気持いいものにしたいですよね。

今回はiphoneアプリのUIを設計する上で、参考になった本や情報源を紹介したいと思います。


HIG(ヒューマンインタフェースガイド)
アップルが開発者向けに公開している文書の一つです。さすがデザインやUIに定評があるアップルだけあって、とても参考/勉強になる情報が満載です。無料で読めるので、読まない手はありません。


・iphoneアプリ設計の極意
iphoneがどのような状況で使われ、どのように使われているかなどの様々な情報を元に、自分が作りたいアプリに、どういう機能をつけて、どういう機能をつけるべきでないかわかるようになります。ボタンはどういうデザインにしたらいいか、alertはどんな場合に使うべきで、どんな時に使うべきでないかなどの、デザインに関する細かいアドバイスもくれます。実際にアプリ開発者のUIに関する開発秘話も載っていて、とても参考になります。イチオシです。HIGと合わせて読むと、より理解が深まると思います。




tappgala
美しいデザイン、UIのアプリを集めたサイトです。HIGと「iphoneアプリ設計の極意」を読めば、一発で素晴らしいUIが思いつくわけではありません。他のアプリを研究しつつ、色々と試行錯誤しながら、自分の満足の行くUIにたどり着くものだと、私は考えています。tappgalaに載っているアプリはとても参考になる上、刺激にもなるので、オススメです。


AppLaudable
こちらも、tappgalaと同じ様に、美しいデザイン/UIのアプリを集めたtumblrサイトです。



iphone開発のUI設計編は以上です。UI設計をする上で、お役に立てば幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment


          
お気に入りの本
ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。